ひこさかクリニック

Web予約受付

tel:0562-46-8055

愛知県大府市共西町1丁目344

地域の皆さんのかけがえのない日々に「安心」を届けられるよう努めてまいります。泌尿器疾患から内科・小児科まで、私たちが皆さんの健康をお守りいたします。

お知らせ

2020. 08. 03

お盆休み期間中の診療スケジュール

お盆休み期間中の診療スケジュールです。

8月13日-16日の間、休診とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

2020. 07. 27

中性脂肪やコレステロールが高い

脂質異常症とは、血液中の脂質、つまりコレステロールや中性脂肪が増えてしまった状態です。以前は高脂血症と呼ばれていました。血液中の脂質が増えすぎ、動脈硬化を起こしやすくなることで心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなります。脂質異常症の最も多い原因は「高カロリー・高脂肪食」と「運動不足」であり、生活習慣病と言われています。食事療法・運動療法である程度の改善が期待できます。しかし、それで十分ではない場合には、薬物療法での治療となります。当院は日本内分泌内科学会認定の専門医です。御相談ください。

2020. 07. 20

尿酸値が高い

尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が「高尿酸血症」です。高尿酸血症が長期化すると全身で悪さをします。関節に溜まれば痛風発作リスクを高め,皮下組織や関節などに沈着すれば痛風結節というコブのようなものを作ります。腎臓の中に沈着すると,痛風腎を引き起こし腎臓の機能を低下させます。腎不全にまで悪化すれば,透析を受けなければなりません。尿中の尿酸濃度が高まり尿酸が結晶化して,尿路に石を作る尿路結石になりやすくなります。石が尿管に詰まる尿管結石は激しい痛みを起こします。
高尿酸血症は生活習慣病なので、必要な場合に限り薬物治療を始めます。生活習慣の改善を根気強く続けて尿酸値の低い状態を保つことができれば,薬物治療から離脱することも可能です。当院は内分泌内科(泌尿器)専門医です。ご相談ください。

2020. 07. 13

尿潜血を指摘されたら

尿潜血が出たからといってすなわち病気にかかっているというわけではありません。尿潜血は病気以外にも痔・月経血の混入・一時的なストレス・激しい運動などによっても陽性となることがしばしばあります。このため、尿潜血が陽性だったからといってすぐに慌てる必要はありません。しかし病気(尿路結石・炎症・悪性腫瘍など)の可能性もあることは事実ですので、自己判断はせず必ず診察をうけることが大切です。当院は泌尿器科専門医です。ご相談ください。

もっと見る

「わかりやすく」「ていねいに」を常に心がけています

Explanation

ひこさかクリニックは、大府市共西町(大府市立共和西小学校の南東角)にございます。
泌尿器科・内科・小児科の診療をしております。
「わかりやすく」「ていねいに」を常に心がけ、
地域の方々に信頼していただけるかかりつけ医を目指してスタッフ一同、努力して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

ひこさかクリニックの診療

これまで培ってきた、経験を活かして泌尿器科のエキスパートとして皆さまの
お役にたちたいと考えています。
また、皆さまのホームドクターとして内科・小児科も診療しています。
どんな悩みでもお気軽にご相談ください。

泌尿器科

尿に関するお悩み、尿道や膀胱、前立腺に起こる疾患などの泌尿器トラブルに対応しております。

泌尿器科について

内科

風邪やインフルエンザなどの感染症、花粉症などアレルギー疾患などに対応しております。

内科について

小児科

小児特有の疾患、夜尿症などに対応しております。

小児科について

予防接種

各種予防接種を取り扱っております。

予防接種について

受診される方へ

診察前に問診表を記入していただきますが、あらかじめご記入のうえ、ご持参いただくとスムーズにご案内できます。
問診票は下記よりダウンロードできますので、印刷してご使用ください。

アクセス

ひこさかクリニック地図

「お車」でお越しの方

JR共和駅から西へ約1km
大府市共和西小学校の南東角
院前に駐車場15台あります

「電車」でお越しの方

JR共和駅から西へ徒歩約13分

「バス」でお越しの方

大府市ふれあいバス③西コース
[共和西小学校南]バス停から徒歩約1分

ひこさかクリニック 泌尿器科・内科・小児科

休診日/水曜午後・土曜午後・日曜日・祝日
受付終了時間 午前は11:45 午後は18:45

tel:0562-46-8055

愛知県大府市共西町1丁目344

Web予約受付
  • 治療日のご案内